忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
12 2018/01 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 02

01.16.18:39

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07.14.16:58

失態だが修正できず

もーーーーーやだっ!!

という愚痴は漏らしたいが漏らさない(何

蜻蛉です。


まず言うならば、書けば書くほど鬱です。
昨日倦怠期がどうのこうのとほざきましたが、まさにそんな感じです。

強いて言うならば
追憶入れるべきじゃなかった。

あれイランわww


しかしやってしまったものは仕方ないと妥協し、完結まで放置することにしました。

コメで装備さんが言っていましたが、確かに質が落ちてきているのは確か。
つか、小説は何日もかけて一話書くものじゃないわ。一気に書き上げてしまわないと、自分の中でペースが狂って駄作になりかねないw

マンネリ化しているとおっしゃったのは、恐らく
追憶のせい。

しかもたっぷり時間をかけてしまったのでそう感じたんでしょう。盛り上がりが失せました(死

やはり話の流れがへたくそなようで、とりあえずそこじぶんの欠点としてとっておきます。


一応次話なかなか出来ていますが、この話が大丈夫でも
次が日常でぶち壊れ。

やはり流れがダメなようです。
もういっそ話の順番変えて新しく書き直そうか悩んでます。

あ、それいいな。

ということで、次話書き直してきます。

・・・・・・・・・・一応7000文字くらい出来上がってたのにな・・・・。

PR

07.11.22:19

更新情報

ある閉鎖空間の中で繰り広げられるシリアス&ミステリックファンタジー。
追憶・惨劇を舞うハクチョウ(2)を更新!!

男は死んだ。凍りついた街にて、信一は白鳥と対峙する。そして、開かれた春樹の眼。殺戮は、止められる。
―――
「言っただろ、殺さないって。花畑から摘み取るのは雑草だけで良いんだよ。綺麗な花弁までむしりとる必要は無い。そんなもんだ」


はっはっは!!一週間以上開いてしまったZE☆

ごめんなさい。

次話予告。
夜闇。金色の髪が靡き、潤目の戦い。


9000文字という長旅を終え、ついに更新完了。もう疲れました。


なんていうか、今頃追憶とかいらんかったかなぁとか思いますが気にせず。

07.03.01:31

更新情報&ちょこっと日常

ある閉鎖空間の中で繰り広げられるシリアス&ミステリックファンタジー。
追憶・惨劇を舞うハクチョウ(1)を更新!!

過去。四年前のサークルエリア強襲事件の当事者。悪魔が赴き、春樹が傭兵だった頃の話。信一と春樹が、過去の白鳥準と戦う。
―――
侵入者はあまりにも美しい鳥だった。白い天使のような羽を背中に惜しげもなく広げ、その上から人を滅ぼす殺虫剤を振りまく悪魔。


追憶が二つに別れちまったorz

最近何故か文字数がハンパない蜻蛉です。


ローゼンメイデンちゃっかり全部見ちまった(ぁ

いやー、人気があるとか言われていたんで、流行から一歩遅れてみてました。

なんていうかーーーーーー。

微妙。(ぇ

いや、面白いと言ってしまえば面白いんだけれども、エンディングがミスったような気がする。
まぁ第三期とか期待する気持ちは分かる。
が、あれだよね。

蒼星石と雛苺死んじゃったけどどうするの。

「罪を背負っていくわ」って・・・・・・。まぁ、いいけど。

なんかあるんでしょうかね?どーせ生き返るんでしょうけど、第三期とかあったら。
無いらしいけど。

実際満足はさせてもらいました。