忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

06.23.15:52

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07.14.16:58

失態だが修正できず

もーーーーーやだっ!!

という愚痴は漏らしたいが漏らさない(何

蜻蛉です。


まず言うならば、書けば書くほど鬱です。
昨日倦怠期がどうのこうのとほざきましたが、まさにそんな感じです。

強いて言うならば
追憶入れるべきじゃなかった。

あれイランわww


しかしやってしまったものは仕方ないと妥協し、完結まで放置することにしました。

コメで装備さんが言っていましたが、確かに質が落ちてきているのは確か。
つか、小説は何日もかけて一話書くものじゃないわ。一気に書き上げてしまわないと、自分の中でペースが狂って駄作になりかねないw

マンネリ化しているとおっしゃったのは、恐らく
追憶のせい。

しかもたっぷり時間をかけてしまったのでそう感じたんでしょう。盛り上がりが失せました(死

やはり話の流れがへたくそなようで、とりあえずそこじぶんの欠点としてとっておきます。


一応次話なかなか出来ていますが、この話が大丈夫でも
次が日常でぶち壊れ。

やはり流れがダメなようです。
もういっそ話の順番変えて新しく書き直そうか悩んでます。

あ、それいいな。

ということで、次話書き直してきます。

・・・・・・・・・・一応7000文字くらい出来上がってたのにな・・・・。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL