忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11.22.19:53

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.29.00:46

54話更新

ある閉鎖空間の中で繰り広げられるシリアス&ミステリックファンタジー。
54 贋グニールを更新!!

狂う魔王の前に現れた狐。春樹は言われるがままに、槍騎士の意思を目覚めさせてしまう。そして、ガンと発音する意思の意味は。
―――
白銀の目の前にあるのは、ただ『最強』という表現を『グングニル』で表しただけの槍。
その真名を『ガングニール』といった。


我ながら面白い言葉遊びでした。

かなり無茶があった部分もあったかもね。

次話予告。
side信一。準を探しているうちに、信一はある文献を発見する。


あのもう、ぶっちゃけて言ってしまうと、
イミテーションとかの設定本来ありませんでした(オイオイオイオイオイ

まぁあって損は無いので突っ切りますが。

後はあれですねー。スサノオの話とか、本でたまたま読んで見つけたから使ってみただけです。
我ながらなかなかの比喩だったとは思いますが。

まぁミスター中井が、「アマノムラクモと草薙剣って同じなんだよ」って何度も言い聞かせてくれちまいやしたからに、致し方なく使ってみただけですが何か。
治水説とかは、東野さんの作品とか読んでたら知りましたね。ええ。


とりあえず言うならば、
3rdエリア編なんか長くなってますので、ご注意を・・・オレが。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL