忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.20.20:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.14.01:24

42話更新だったらどうする

ある閉鎖空間の中で繰り広げられるシリアス&ミステリックファンタジー。
42「Vlad.(ヴラド)」な千の串を更新!!

研究施設内、日比谷と白銀の前に現れた仮面の男。対峙する二人だが、その強さに圧倒される。そこで白銀が出した千の串。処刑人はここに在り。
―――
それはビットではない。一見ビットのように見えないことは無いが、それは明らかさまに『串(やいば)』であった。恐ろしい数の刃物が白銀の周りを守るように在り、矛先は仮面の男を目指していた。
「Vlad.(ヴラド)」
目の前にいたのは白銀ではない。処刑人だった。


題名にどうもしねぇよと突っ込む俺。

土曜の分をさっさと更新しようと努力した結果です。褒めろ(ぁ


次話予告。
白銀は閉じ込められた。仮面の男と対峙する無力な日比谷は、ある賭けに出る。


戦闘シーンがなかなか素晴らしいことになっています。

まぁあれが俺の限界ということでしょうね。全く、稚拙な。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL