忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.17.10:46

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.04.00:10

短編小説は世にも奇妙な物語が最強

おまっ、もう最強すぎだろうよww


毎度見るたびにある意味鬱になります。蜻蛉です。

世にも奇妙な物語、秋のスペシャルが放送されましたが、やはりなんというか・・・・・・。

これ短編小説だったら群を抜いて最強すぎだろ。

脱帽どころか髪の毛もついでに抜けてしまいそうだわ。

「カウントダウン」、「未来同窓会」「自販機男」「ゴミ女」

残念ながら五話はニコニコにうpされてなかったので見てません。つーかテレビで見ろよと。
いや、昨日見ようとも思ったんですがね、あのなんでしたっけ、

松本仁志の誕生日番組優先してしまったorz

や、妹が見てたんでついでに見てたんですがね。ええ。仕方ないですよ。

「カウントダウン」においては、ぶっちゃけゆとりである私にはあまり内容が理解できず。
ウチュウジンだとかなんだとか騒いだ挙句、うへっへぇいです。

まあネタバレするとまずい話ばかりなので、面白さだけ伝えますが。

「未来同窓会」はオチが一押し足りなかったくらいかと。基本的には面白かった。

「自販機男」には泣いた。

超がつくシュール作品ですが、なかなかに深い。本当に深い。

そういった意味合いでは、「ゴミ女」が究極に素晴らしかったですね。
伏線といいオチといい、テーマ性といい最強でした。


いやー、俺もあんな感じの二段三段に落として尚、テーマ性が深くて面白い話が書きたいなーって、

それって最強じゃね。

やべぇえぇぇっぇええ。極地じゃん極地。

もしかして世にも奇妙な物語のシナリオライターの人たちって
神なのではないか。


つーか、さっさとクリスマス小説執筆しなきゃなー。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL