忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.17.10:39

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.12.23:02

短編完成

ということで完成。

一体何を血迷ったのか、題名が「それは、舞い上がる桜のように」になってしまいましたが気にせず。

http://ncode.syosetu.com/n6499b/


えと、文章的にはかなりの会心作です。
相当頑張りました。
物語は微妙ですが、涙もろい人は注意。案外泣けるかも、いや、無理か。

事実かなりの脳内表現力を駆使したのは確かですな。

あらすじ
国立病院の庭には、ある言い伝えが残る桜の木があった。その病院で九条母父は、不思議な出来事と遭遇する。

簡単ですが、こんな感じです。

では、ご愛読くださると嬉しい限りです。
PR

会心作なのはいいけど

企画の結果はどうなったわけ?
ごりさんの小説も掲載されてないし

Re:会心作なのはいいけど
いえ、超閉鎖的に行われているし、向こうは投稿予定らしいので閲覧はできません。
企画の結果は今現在文学部に読ませています。
2007/03/15 00:14
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL