忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.18.20:02

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11.25.01:51

更新したよー

知識をひけらかして雰囲気を出そうとする戦法。

今回はそんな感じです。この文学かぶれが!と言われるでしょう。蜻蛉です。

とりあえず2話更新しました。相変わらず名前を考えるのが面倒くさいので、という理由で酷いことになっています。

・僕→主人公。「亮太」という名前があるが、苗字未発表。
・姉ちゃん→名前も苗字も分からない
・御奥さん→苗字のみ
・阿形くん→未搭乗だが、三話登場予定。名前は「亮介」。


あ、阿形って名前はね、パクったんじゃねえぞ。


違うんだ!たまたま思いついたと思ったら、以前にガルド氏と話していた名前だったんだ!だからもうあえて貰うことにした!


フィストのアクセス数は60前後です。更新しないと20です。

なんていうか、これが普通なんだよな。60入っているのが嬉しく思うって言うのはいいことだと思うんだ。実際には20だけど。

セルフとどっちが良い出来になるかなあ。あっちは超常現象系だったけど、こっちはリアルだからなあ。まあ、のちに結果も出ようか。

言うほど尺を取って長い話にしようとは思っていないので、展開は速めかつ、唐突です。
まあ、ニ三ヶ月で半分以上いければ上出来くらいです。
プロットがないので、自分でもどのくらいの作品になるのかまったくわからんけーね。すぐ終わっちまうかもしれないし、すげえ長くなる・・・ことはない。

強いて言うなら、

実在ネタをどこまで続けられるかです。


今まで、「人という字に関すること」「コロンブスの卵」「カイン・コンプレックス」「天才が早死にする理由の考察」を書いてきましたが、こんなのがどこまで続いてくれるんでしょうかね。

一応、ニーチェとか、イザナギイザナミとか、クラマーゾフの兄弟とか、なんか色々知りもしないくせしてネタに出来そうなものを調べてはいますが、なかなかに難しいものですね。

純文学って、やたらと外国の著名人の話が出てくるじゃないですか。ああいう雰囲気とか出してみたいなあと。流石に金城一紀の「GO」レベルまではいけないものの、知ってる中でどうにかしてみたいもんです。

なんか、古文とかで兄弟姉妹間で禁断の愛を犯したような話ありませんでしたっけね。ありそうなんですが、知らないと調べられないのが辛いところっす。


あとはシスコンを真面目に考察とかしてます。ていうか、コンプレックスに関する考察もしないときついっすね。日本語に訳して劣等感とは言うものの、なんだか漠然としているような気もしますし。

ロリコンならごり氏に聞けば良いんですがね。


とりあえず思ったこと。


一日1000文字ずつってのは、なかなか続くと良い。
PR

無題

古事記の本ならあるから貸してやろうか?

  • 2008年11月25日火
  • ようぜん
  • 編集

知ってたよー、だと思ったよー(生暖かい目)


………………。

…………。

……。

訴えて殺る!!

  • 2008年11月26日水
  • ガルド
  • 編集

でしゃばり野郎です。汗

こんにちわ!記事に食いついてみます。^^
実は前、私めの小説にも出てきそうだったので、こっそり調べたことがあります。
私めが思い浮かぶのは、エジプトですかね。
古代エジプトの王家では、頻繁だったようです。推奨されてたくさいです。
エジプト王朝を調べると、ごろごろ出てくると思います。
それから神話にも多いです。
有名所では、エジプト神話・イシスとオシリス(兄妹)、ギリシャ神話・ゼウスとヘラ(姉弟)、日本神話・イザナギとイザナミ(兄妹)、アマテラスとスサノオ(姉弟)ですかね……
あと、15世紀くらいのイギリス女王、エリザベス一世のお母さんは、兄と疑いをかけられて処刑されてます。『ブーリン家の姉妹』で描かれてますです。
あと、フランスの皇帝、ナポレオンも妹と非常に怪しまれてます。
キリスト教圏ではタブーっすね。処刑されるケースが多いです。
日本でも昔からタブーでしたが、奈良時代以前はオッケィだったみたいっす。
有名所では、聖徳太子のお父さんとお母さんは兄妹とされてます。あ、異母の兄妹かも。
それから万葉集では、中大兄皇子とその妹を怪しむ歌が乗ってるらしーです。歌を作ったのは、中大兄皇子の妹の旦那さんです。天皇です。
あと、日本の文化では、昔、異性の双子は来世で一緒になろうと誓って心中した者の生まれかわりとされ、片方を養子に出して成人してから結婚させるということがされたみたいです。江戸時代に入ってからは逆に異性の双子は不純だと嫌悪されたようです。
ちなみにうちの実家のほうでは、近所に親が兄妹だという人が住んでます。近親婚は、バカか天才しか生まれないとか。……噂で聞きました。

そういやフロイトの提唱したエディプスコンプレックスは母子間ですが、シスコンとはこれのまた別バージョンかもしれないっすね。

ぐわーー、長ぇええええ!
以上、私めの人間性を疑われそうなコメントでした。
我ながら一体何を調べてたんだ……

  • 2008年12月01日月
  • nico
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL