忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11.22.20:00

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11.28.01:03

さむくね

さみぃよ。

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル 蜻蛉です。


4部更新しました。セルフよりよほど性質の悪い作品なんじゃないかと最近思えてきました。なんでって、第五部が既に完成しているんですが、悪質なまでに「会話」の内容が恐ろしいです。

雰囲気出そうとすると致し方ないといえばそうなんですが、もうちっと自重してもいいかなーとか思いましたので、自重しよう。

きっとむりだけど。


今回の話は、ようぜん曰くの「天才が早死にする理由」を引用させてもらった。

そういう世界的な考えは、狂気的だからな。現実味のある意見なんてものは所詮はその程度で、それ以上の想像が膨らまないのが悲しいところ。


ぽんこ。


■ぎゃるげー

鬱ゲーとして名高い、「君が望む永遠」をプレイ中。
気になるかたはアニメでも見てみてください。俺の記憶が正しければ、アニメも正しくヘタレゲーだった気がします。

今のところヘタレ部分は隠れてますね。
心理描写が上手いせいか、優柔不断なのが、「仕方ないよな」と同情を買うことが出来るレベルに留められていますね。

まあただ、攻略サイトのエンディングリストといい、ヒロインの水月の主人公への依存の仕方などなどを見ると、既に異常っぽい雰囲気はひしひしと感じてますが。

ただああいうシーンの描写を見ていると、腐れ鳴海、と言いたくなる気持ちも分かる。


しかし、これだとまだ「水月」のせいじゃないのか?という気がしないでもない。

あれじゃね。スクイズが世界死ねみたいな感じで、なんか色々危ないんじゃね、とか予想してる。

ともかく期待はします。
名作シリーズの一つなので、外れでないことは間違いないはずだから。


■一言


トップハムハット狂

くそかっけえ。

http://www.nicovideo.jp/watch/nm4316780



コメレス。

>ようぜん

古事記じゃきつくね? いや知らんけど。

知識がほすぃです。

>ガルド

だれか俺に火を貸せよ!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL