忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.21.06:16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09.12.00:04

彼の世界、僕の空、彼女の水面

http://ncode.syosetu.com/n6601c/


場所小説のつもりがまた脱線しまった感が否めないZE!!

テーマなんてものはあまり盛り込みすぎたらいけません。蜻蛉です。


復帰小説みたいな感じに執筆してまいりました。プールなのになんか海っぽくなってます。

だがそれが良い!(シネ

だがそれが蜻蛉クオリティ!!(さらにシネ

はっはっは。ただのいい訳ですよ言い訳。


だいたいさぁ、太陽のことをダイヤモンドなんて比喩する奴いねぇってかんな風にみえねぇよ。

ここで、小説を読んだかたのみにネタバレですが。

じゅんくんって純一=灰田純一だと思いません?

ああ、無視して構いませんよ。僕は彼が大好きなだけです。ガチホモ的な意味合いを除いて。


しかしなんていうか、俺の文体はこのブログと比べてどうなんでしょうかねぇ。
どう考えてもセフルディストラクションとはつりあわないんですが、今回のは掛け合いもそこそこ入れてますから「やっべ、蜻蛉じゃん!」みたいな反応があるのかどうか。

元々狂気の世界を描くのが本業であったりする僕ですが、案外こういった作品もかけるんですよー。ええ、結構ギャグ面も鍛えますよー。

まあとは言っても、《一発ギャグで大爆笑、ただし相手が幼稚園児みたいなっ!》

・・・・・・巫女子ちゃんの口癖は極めると面白そうですが、些か難しいですよね。
前回の《16歳の誕生日、ただしろうそくは三本みたいなっ!》は我ながらセンスがあったと思うんですがどうでしょうか。

まあそんなこんなで明日からセルフディストラクションのほう頑張ります。

え?ミステリーはどこいったって?

今だプロットで手間取ってんだよボケが!!!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL