忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.18.20:04

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.29.00:48

夢の競演


蜻蛉「じゃ、書いて」

春樹「いや、意味わかんねぇし」

信一「安心しろ。彼もまた、容姿的美少女にだまされた人間なのだよ」

準「・・・誰のことかなぁ~~~??」

蜻蛉「あ、準さんの元ネタになった人になら騙されたわ」

春樹「騙されたのかよ!?つか元ネタいるんだ!?」

信一「世界は広いということだな。白鳥準のような変人もまぁ、いておかしくはな・・・おかしいな」

準「むきぃぃぃぃい!!」

春樹「いや、おかしいだろ普通に」

準「春樹まで!?春樹までそんなこと言うの!?」

蜻蛉「ちなみに俺も同意見。あ、一体なんの話か分からない人はEYE'sを読んでね!とは言え、まだそこまでネタバレしてないけどねーー」

春樹「地味に宣伝すんなよ。しかもまだ出してない話ネタにして会話すんなよって話だろそれ」

信一「案ずるな。その真実においては、読者様とやらも多々気づき始めているだろう。とは言え、物語に重要に絡んでくる秘密でもある。まだ公開するのは早いのではないか?」

蜻蛉「いぁ、別に分かる人には1話で分かる人もいただろうし、まぁそんな感じで見てくれても問題ないかと」

準「案外ひどく簡単に扱われてるんだね、ボク・・・」

蜻蛉「いやいやいや、準の設定を作ってしまったおかげで、こっちも色々と調べることが多くてまいった。マジ準の存在に後悔してる」

準「酷いよ!?地味に酷いよそれ!?」

春樹「地味というか普通にひでぇな」

蜻蛉「うるさい凡人。春樹とかマジ普通すぎてどうしようもないんだよ馬鹿」

春樹「馬鹿!?何故俺が攻められる!?」

蜻蛉「いやなんとなく」

春樹「死ね」

蜻蛉「いや、断るし」

信一「大丈夫だ。武藤春樹、貴様はいじられる役なのだからその任務をまっとうしていればいい」

春樹「うるせぇよ!?なんとなく分かってるけど認めたくない現実だよそれ!?」

蜻蛉「ちなみに春樹の特徴は、妄想癖が激しいこと」

信一「現実も何も無いな」

準「妄想の世界に浸ってるからいじられるんじゃないの?」

春樹「・・・俺にどうしろと?」

信一「一度死ね」

準「そして転生してボクのお婿に」

春樹「ならねぇよ。断じてならねぇよ」

準「・・・ほんとぉにダメ?」

春樹「ぅ・・・だ、断固拒否だ」

蜻蛉「変態だな、ゴシオ君並みに」

信一「変態だな、あるゲームでオカマとヤってしまった愚人並みに」

春樹「前者誰!?いや、後者も誰!?つかなんで変態!?」

信一「気分だ」

蜻蛉「右に同じく」

準「ボクは春樹がお婿に来てくれるなら変態でもいいよ!!」

春樹「俺、これから変態として暮らしていくわ」

信一「近寄るな、下衆」

蜻蛉「変態が移る、ノミに転生して」

春樹「ひ、ひでぇ・・・」

信一「さて、冗談はこの程度にして春樹と準は酷く扱われていたようだが、私はどうなんだね?」

蜻蛉「お気に入りキャラですが何か」

信一「流石だ作者殿。世界の真理をよく分かっている」

春樹「差別だろ!?偏見だろ!?」

蜻蛉「偏見は良くないよね。マジ車輪の国がギャルゲーだからって引きやがって。物語は今まで見てきた中で最強レベルだってのにさ」

信一「良くあることだ。既に偏見社会と化しているこの国でそのような種類のものが理解を得られるのは難しいであろうと推測できる」

春樹「ヲタクっていうのは正直キモイと思うが・・・」

蜻蛉「うるさい黙れ死ね消えろ生き返れそして仲良く二人で暮らそう」

春樹「意味わかんねぇよ!?つか最後のは何!?新手のプロポーズですか!?」

準「ボクの春樹を取っちゃだめぇぇぇぇぇ!!!」

蜻蛉「ごめ、取るつもりは無い。つか冗談だし。つかそれを本気と取るお前馬鹿だし」

春樹「後で首筋狩る」

蜻蛉「許して。土下座するから」

春樹「マジで?」

蜻蛉「ゴシオ君が」

春樹「だから誰!?つか謝る気ねぇだろお前!?」

信一「落ち着け武藤春樹。ゴシオ君とは、人間の生理現象を超越した現代に生きる二次元世界の神の名だ」

蜻蛉「おぉ~、よく知ってるな」

準「確か、作者さんが二次元に叩き落しちゃったんだよね?」

蜻蛉「いや、ほとんど自滅に近いだろあれ」

春樹「マジ地味にひでぇことするな、あんた。つかヲタクキモイって」

蜻蛉「春樹、お前も想像上は二次元の住民だ。仲間が増えてよかったな」

春樹「いやだよ!?てかそんな設定だったの俺!?」

蜻蛉「それ以前にお前の存在が三次元じゃねぇじゃん」

春樹「・・・・・・・」

信一「それこそが、真理だな」

準「結局はそんなものだよね~」

蜻蛉「まぁそういうわけで、次回からは一人一人に個別に二者面談でもしてみようか」

準「犯されちゃうのボク!?」

蜻蛉「大丈夫、そんなことするのは春樹だけだから」

春樹「しねぇよ!?つか準考えが飛躍しすぎだろ!?」

信一「馬鹿二人はほっておいて、主にどんな内容の面談だ?」

蜻蛉「まぁ、軽い自己紹介みたいなのを各自してもらおうかと。ベタなので好きな食べ物とか」

信一「そんなことを聞いて何になる。時間の無駄だ」

蜻蛉「俺の暇つぶしに付き合え」

信一「・・・・・・」

蜻蛉「ということで、次回はまず春樹君からいってみましょーーーー」

春樹「犯すなよ」

蜻蛉「大丈夫、そんなことするのはゴシオ君だけだから」

春樹「だからそいつ誰!?なんなのさっきからゴシオ君って!?本人きっと怒ってるよ!?」

蜻蛉「そういうの気にしない主義なんだ。まぁそんな感じで」

春樹「終わらせんなよ!?俺にはまだ話した・・・」


ブツッ。

さて、一体俺は何を書いていたんでしょうね。
まぁそういうことで、僕こと蜻蛉の暇つぶしにブログを使わせていただきます。
本来ならば勉強でもすればいいのですが、面倒くさいので却下しました(オイ

では、また・・・今日!







 

PR

無題

ゴシオくんは二次元から抜け出したと言っていたが…

  • 2007年01月29日月
  • ようぜん
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL