忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.17.10:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02.04.00:27

勉強なんていやだぁぁぁ!!

と言いつつプロットを練る俺。

テストが近いですが、でもそんなのかんけぇねぇ!蜻蛉です。


一体セルフはいつ完結するんだと声が上がっていますが、もうすぐかと。書き溜め中です。

まあそんなことはどうでもいいんだが、フォーチュンアテリアルを開始し早24時間、三つルートを終了させた感想なのだが・・・。

正直危険臭。

トゥルーエンドを見るまで判断は出来ないものの、とにかく主人公に腹が立つ。
「これ、お詫びだから」という言葉を作中で何度見たか分からないが、もうとにかく「ご都合主義的主人公」っぽくて嫌だ。なんなんだお前はと。

まあ今の時点ではどう考えてもさくらシュトラッセのほうが上の雰囲気。やはりトゥルーを見てみないと判断は出来ないのだが・・・。

とりあえずクリアまで評価は保留で。


新作プロットについて。

「世界設定」「魔術設定」「登場人物1」「登場人物2」を完成。話の流れはまだ全く出来上がってません。
なんつーか、ファンタジー自体が書くのも読むのも久しぶりすぎて困るw

今回の目標としては、「ラノベにあるべき『日常』を描くこと」と、「テーマの完全追求」。
やはりファンタジーにあるべき日常と非日常のバランスってのを今回は大切にしなければならないと思いつつのプロット。

・・・・・なんてしてる場合じゃねぇんだけどな。


HAHAHA!!明日は勉強三昧かね・・・。
PR

無題

つまり「さくらシュトラッセ」とは主人公がヒロイン無しでは生きていけないゲームと言うことですか。そんなゲームにヤンデレヒロインがいたら・・・。恐ろしすぎるw

  • 2008年02月04日月
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL