忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.18.19:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.04.00:17

いま猛烈に

青春ものが書きたくて仕方が無い。

やっべー!青春を灰色で過ごした俺の言う台詞・・・だー!蜻蛉です。


もうなんかこう、凄くもどかしくて青臭いものが描きたいです。
甘すぎてゲロ吐きそうなくらいのものが書いてみたいです。なんかそんな衝動が、新海誠の「秒速5センチメートル」のMAD見てたら出てきました。
ちなみに本編見たこと無いです。ばっかやろー!

でも内容知って真実を知るよりは、このイメージで短編書いたらいいんじゃないかとか思います。

なので、いつか秒速は見ると思いますが、ちょっとあとまわしに。


そこで、ことば企画で没案になった「キャラクターが『・・・』でしか会話しない」という案を持ってきて、一本ゲロ甘青春もののプロット練ってみたいと思います。
この衝動がそのときまで続いてたら非常に嬉しいです。がんばれない。

まあただ、ゲロ甘といいましても、ベタベタするものではなく、最初に申した通り「もどかしさ」とかそういうのが表現できる「青さ」を出したいと。

何せ「会話」が出来ないので、その会話が出来ない中でどう「会話」するかとか、なんか色々考えられるんじゃないかと。そういう無駄な言葉が無い分、伝えられるものもあるんじゃないかと思います。

どっちかというともう、
スイーツ(笑)とか言われるレベルには。

そんなのが書きたいです。

あー。創作意欲がはんぱねー。


■そんな中

大学の課題が危ないです。

紙がないので提出期限が分からないですが、ぶっちゃけ過ぎたんじゃないかと思います。
まあでも、提出しないと最悪入学停止なんて事態もありえて不思議じゃないので、なんか色々添付して一応送ります。三月序盤だった気がするんだが。まあ終わってしまったことは仕方ない。

古文がまったくできません。

なぜごりさんがここにいないのか分かりません。古文やれ。



■そしてらっぷびとは伝説へ・・・。





ファン精神かもしれないけど言わせてもらう。

泣いた。
PR

無題

俺に送れ

  • 2009年03月04日水
  • 幼女帝国皇帝閣下
  • 編集

でしたら!

近々本格的に始動させようと思っている我が企画の参加を御検討くださいませんか?
まだサイトを作っている途中だったり、ウメさまの返答待ちだったりとまだ立ち上がってすらいないのですが、第一回のテーマは『自己』と決めましたので、もしもよろしければその作品を是非ともと思います。ほら、もうすぐ学生にとっては新たな学校、あるいは新学期じゃないですか。そういった関係で、改めて自己を再確認するのもいいんじゃないかなー、と思いまして。
ちなみに、最初ブログの記事に書いていたものとは多少異なり、小説の最も重要な『テーマ』を主軸に置きつつ、なろうを最も利用している中高生が楽しめるような『エンターテイメント性』を念頭に置いた作品を募集しようかと思っているのです。
詳しくは、いずれサイトが完成した際にそちらの方に書くので、それに目を通した後にでもご検討くださると大変うれしいです。

古典、頑張ってください。応援してます><

  • 2009年03月06日金
  • 灯月公夜
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL