忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.17.10:52

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06.19.00:03

ある噂が立っていたことがある

蜻蛉さんの評価はあまりに心痛い。

そんなことないです。すべて俺の作品への愛です。蜻蛉です。

でも自分の評価が自分に送られてきたら心が折れそうです。正直なきます、多分。酷評に弱い人物なので(ぇ


あー、こえー。俺ね、作品評価で三作品削除に追い込んでる身だから、そろそろ自重するすべを身につけないと殺されてしまいそうなんです。

なんていうかねー、根底から色々と否定しにかかってしまう癖がありまして。
「いやいや、作品はこういうものなんだからそういうこと言われても」って返されたら私としてもどうしようもない次第でありまして。

いやーね、ほら、機転が回らないから「どこどこをどうしたほうがいい」とか具体的に言えないのよ。もうね、小説論的根本からかかるから、相手も理解しずらいだろうなーと。

はぁい。世論なんでゆるしてくださぁい。

「結局どうすればいいのかわからんわハゲッ!」って場合は、またメッセでも送ってくださぁい。今、凄い弱気モード入ってるんで。

チキンですんません。自分基本ヘタレなんで。


昨日の落ち武者ピカチュウ緊急手術は成功しました。耳がちぎれたんですが、なんとか一命を取り留めた様子です。

いやあね、彼、「蹴られる」「殴られる」「投げられる」「割られる」「振り回される」「玉になる」「引っ張られる」「時々愛でられる」という修羅場経験してるんで。

魂入ってるぬいぐるみとしてうちじゃ有名です。

なんかいますよ、あのぬいぐるみ。武者ですから。

実際ね、分かるんですよ。こう、オーラがね(何


あー、すいません。なんか頭使いすぎて死ねるそうです。
三時間近く評価に費やしたんで、もうなんか色々と朦朧と……。はるのおぼろづきー。


コメレス。

>国後旺

ところでこの名前、なんて読むんですかね。語彙には疎いもんで、読めないんす。

ご参考になりましたら光栄ですな。持論なんて所詮は持論なもので、否定されてなんぼなんで。

それはそうと、一作品でも「本気」で書いたらうちに評価依頼でもどうですかね……。くくくっ、ブログ訪問者サービスで文字数2500は確実に書くんで……。
いえ、冗談です。僕も仲間を失いたくないんで。


>光太朗さま

熱すぎてオーバーヒートしました。すいません。

いえですね、自分、相手がどう思おうがともかく、「失言」に関してはありゃだめだと思ったので。調子付いてる自分を叩いておかないと思わぬトラブルで死んでしまいそうなんで。

ハガレンですね!!分かりました!!

……と、等価交換とか?

はい、今の言葉で俺のハガレンへの知識がどの程度かが垣間見れたと思います。
アルフォンス・エルリックの声優が「釘宮」くらいしか分かりません。アジカンってハガレンから人気出始めたんじゃないの?くらいしか分かりません。


>要さま

ホーエンハイム……なんかの賃貸情報誌でしたか?(オイ

すいません。実は主人公の名前さえ忘れてしまった次第でして。
漫画あんまり読まないんすよね、自分。持ってる漫画、ポケモンが7冊だけなので(本当



追記。

昨日の「ボーカロイド特集」は、ブログの先頭に常に置きます。なんか客寄せ的な意味合いで。
一覧は全部閉まってしまうので、長さについてはご安心を。
フレームつきの動画を一個だけ表示して、たまに追記情報だけ足します。
PR

コメ訂正。

メッセ有難うございました。m(_ _)m

あ、相方に戴いたメッセを見せてよいですか?
っていうか、あの人が自分の執筆可否判断の決定権を持っているので、ダメって言われても見せちゃいますけどww
(基本、人様からの評価感想は全て相方チェックが入るんです)
↑此処まで前コメ残しておきます。(nicoさんが触れてくれたから)

◆◆◆

「こぇ~あっはっは~」ってノリだと思っていたんですが、お礼メッセのレスポンスが、ガチでビビってるっぽかったので、ガチコメに変更させてもらいますわ。

まず、作品を消す位なら最初から【評価】を依頼するな、と。蜻蛉さんから評価を持ちかけたのだとしたら蜻蛉さんからのその申し出を拒否しろよ、と。
【評価】依頼じゃなく【ヨイショして】依頼と断り書きをいれろ、と。
でないと、自分みたいに本当に評価が欲しい人が依頼をした事で、こうしてガチでビビらせてしまって余計な罪悪感を互いに持ってしまって迷惑なんだぞ、と私はその作者にお伝えしたい。
誰なのか判らないので此処で吐き出しましたが。
へーきで消せちゃう程度の作品なんだ、と自分は鼻で笑います。
書けないのは酷評の所為じゃなく、酷評を受け入れられない自身の所為。
本気で巧くなりたいなら受け入れろ、と。
別にそこまで思ってないし、と言うなら【評価】を求めないでくれ、と。

と、蜻蛉さんが思うようにして下さい。
でないと、その恐怖心でオブラートに包まれて、折角的を射た評価をしてくれてるのに、簡潔明瞭にならず、余計に悶々としてしまう。
それで潰れるならその程度だし、別に酷評貰って踏ん張るほどの熱意なんかないし、と言うなら【評価】と称さず【ヨイショして】と明記しろ、と。

基地の評価依頼の但し書きが欲しいと思う位です、正直言って。
だから自分は最近不特定多数に評価お願いしますと書き込んでません。

評価してもらう方にも権利があると思うのです。
「潰された」というあてつけがましい対応をする事で
評価人を潰さないで欲しいと思います。

あー、あとチャット化してすみませんが、nicoさんにも同様に、過剰に謝らないで欲しい。
こちらが感謝しているのに、その気持ちまで否定された様で悲しくなる。
物凄く心を砕いて下さったんだろう、と思っていたのに、「酷評なんて酷い!」と思われるのが怖いから先に謝っているのかな、とか思ってしまう。本当は、もっと直さなくちゃいけないところはあるのに教えてもらえてないのかな、と信頼関係が崩れてしまう。

元を正せば、褒めちぎって、ってのと評価を混同している依頼者が悪いんですけどね。

長々とすみません。暫く反省沼に沈んでおきますわ。汗

あわわ。

じ、じつは蜻蛉さんのお友達のガルドさんに凄まじい酷評をしてしまったnicoと申すものでございます。
といいますか、ここで書くのもなんですが、ガルドさんすみません!! 滅多に自ら読まないんすけど、なんとなく開いた秘密基地でたまたま目に入ってしまいました。ほんとウザかったことでしょう! 私の目についたことは非常に運が悪かったのです。あきらめてください。って冗談です。っていうか本当にすみません!!

ぶっちゃけ蜻蛉さんの酷評はまだまだやさしいほうですよ。自分の知り合いの酷評はそれはそれはすさまじ
いっす。悪魔そのものです。だけどその人はちゃんと作品の事考えます。売れるかどうかとか、その先の埋もれた才能のことまで考えます。すげーです。
それに上手だなーとちやほやされたって、成長できるわけがありません。ただ自分上手いかもといい気になるだけです。いい気になる事は危険です。成長を止めてしまいます。だから欠点をみつけて酷評する事は本当はその人の事をとても考えているということだと思います。
あ、私のは酷評じゃなく「粗探し」です。酷評できるレベルおよびスキルは自分にはありません。でも「粗」がみつかるようじゃ、プロにはなれません。なんて勝手に思ってます。おお、偉そうですみません。つか、自分の粗探しは完全に嫁いびりの姑レベルです。……ガルドさん、嫁いびりクソババァな書き込みすみません! 土下座。
長々書きましたが言いたい事はですね……。
結局作家は1人の世界なので、自分で自分を高めるしかないです。物を生み出すと言う事は大変な事です。なので成長のためには自分を知る事が必要……ということで、やっぱり酷評は大切です。自分の酷評に自信をもってくださいまし。ということでございました。ヘタれず堂々としてるといいっす。^^
って、長文&偉そうな書き込み失礼しました! 

p.s. うがー! 要さんのコメントに目が飛び出そうに……。人様の評価感想は全て相方チェックが入るんすか!!!? やっべー、私、超えらそーなこと書き連ねすぎたんすけど。……まじでどえらい長文を……ううう。くらくらしてきた……もうだめだ……

  • 2008年06月19日木
  • nico
  • 編集

酷評?

評価というシステムの使い方が分かれてるのも問題かなと思います。評価とランキングが結びついてますから。
私は読む時に評価はあまり気にしないのですが、(どちらかというとユニーク数を気にします)気にする方は気にするんでしょうね。

私は評価依頼を出す時は、人を選んでからお願いしようと決めてるのですが(これだけでずいぶん嫌なヤツなんですが)、そう決めてから、評価依頼をお願いしたのは蜻蛉さんとnicoさんだけです。お二方とも、「好み」は別として評価を下さると思ったからです。これって結構重要です。

あれだけ丁寧に読んで頂くのは、本当に骨が折れると思うのです。私は面白くなければ簡単には最後まで読めないヤツなので、あんな風に評価なんか出来ないのです。
あと、酷評するだけの勇気がない。ばしっと言ってもらえると、すっきりしますよ、結構。ああ、やっぱりね、と。
言われてる方も分かってるんです。自分の中で悪いところって。それを飲み込めるかどうかがその後の成長に繋がると思っています。

というわけで、私は作品完結後またお願いすると思いますので。その時はよろしくお願いします。

あっははーw

ぶった斬られてきました。ガルドです。

ぶっちゃけ全員あれくらいの勢いでやってくれればいいのに、とか思います。
あと藤夜さんの言うとおり過剰に謝る必要もないと思いました。特に自分の場合「酷評どんとこい!」と明記してますし。
というわけで、nicoさん本当にありがとうございました。返信付けたので、見ていただけたら幸いです。

蜻蛉もサンクスー。

  • 2008年06月19日木
  • ガルド
  • 編集

お初にお目にかかります

蜻蛉様、はじめまして。灯月公夜と申します。実は少し前からこちらに来させていただいていた者です。

僕はなろうに作者登録していて、なろうには去年の冬からお世話になっています。また、つい先日七夕企画に参加させていただきました。

実は僕、なろうに登録する前に蜻蛉様の「灰田君シリーズ」を読ませていただいてしまして、その時「この人の考えすげぇ! こんな考えもあるだ」と感じたのをよく覚えていますし、作品の方も何回か読み返した記憶もあります。

それで作者登録をさせてもらった後、なろう秘密基地の評価依頼にて、蜻蛉様の名前をよく拝見しておりました。
その中の蜻蛉様が依頼された作品の評価の方は、僕が気が付いたものはすべて読ませていただきました。

他の素晴らしい作者様方が言ってくださっていることは、僕の感じたものと同じです。こんなこと言える立場ではありませんが、どうか自分を責めないでください。

それにこんなところで書くのもおかしな話ですが、僕は是非とも蜻蛉様に評価していただきたいと思っていて、七夕企画の小説を機会があれば評価依頼しようかな、と考えておりました。
もう評価依頼する人ならこの人だ、と


とにかく、僕は蜻蛉様が悪いわけではないと思います。蜻蛉様は、その小説をきっちりと読まれた後で評価しておられるように感じます。


それでは、初コメなのにこんなに長々と、しかもまとまりのない上に好き勝手&生意気なことを書いてしまい申し訳ありませんでした。

七夕企画。
僕も手間取っています。難しいです。ちなみに、焦っています。
よければでいいんで、是非一緒に頑張らせてください!!


ではでは、これにて失礼しますm(_ _)m

  • 2008年06月19日木
  • 灯月公夜
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL