忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.20.03:07

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.15.22:15

秒速5センチメートル

新海ワールド。

というか、背景最強すぎワロタ。蜻蛉です。


というわけで前日予告したとおり、適当な感想を。


物語はなんというか、完成されているのか?というのが一番で、二番目に「まさにこれだ」としか言えないような中途半端エンド。
これを世間では「ノーマルエンド」として扱っているでしょう。

この物語を見て得たことは無いに等しいが、この「映画」、そして「表現力」と「描写力」を見れば、参考になる部分は多々。
というか、映画を見たはずなのに「これが一人称かー」とか思って、自分の一人称がいささかおかしいことに気付いた。

様式としては、主人公たちの「語り」を織り交ぜつつ進む過去回想型かと。
ただ、どいつもこいつも言ってる内容の描写力がありすぎて、どこもかしこも風情みたいなものが漂っていたような気がするのが印象的。
少なくとも、「魅せる」映画ではなかった。その反面、「感じる」映画ではあった。



以下、内容のネタバレ含みながらのシーンごと簡単な感想。
見たくない人は飛ばし推奨?


・電車内での主人公の不安と、駅についたあとのあかり等

まずこの作品が「映画」というよりは「小説」の技法にとても近いと思ったシーン。
見ている人を引き込む一人語りの「描写」が特徴的。

途中で主人公が遅延する電車を前にして泣きそうになるシーンもどこか「リアル」で、この主人公が一発でどの程度の強さなのかが分かる。

駅についたあと、あかりと会って、二人で静かに泣くシーンは、多種多様な解釈が可能だと思う。
なんというか、「不安だった」という気持ち以外にも様々なものが交じり合ったような気配がした。

これが、まさに「語らない描写」というものなのだろう。


・短すぎる再開シーン

19時に待ち合わせした主人公は時間の遅れで21時に到着する。

ぶっちゃけ東京→栃木なのだから、宿泊していくのか・・・?とか思ったのに、びっくりなことにほとんど日帰り。
会ったシーンを見た後、本当に数分で再開シーンが終了。なんという寂寞感。


・二章から

恋愛話へ。これはどちらかというと「長さ」のための演出?
ただ、これ単体だけ見ても立派に「短編小説」として成り立つ。

この辺りから、主人公の挙動に「あかりとのこと」への忘却が始まっていたような気がする。

思うのは、主人公の「普通すぎる」行動が、逆にリアルで、あまりに「二次元的」ではない。アニメながら、動いているのは人間で、背負ったものや過去のものの描写もリアルで夢なし。


・最終章

ノーマルエンド。
すれ違う二人の時の語りに、

「この時、僕が振り返れば、彼女も振り返るような気がした(と絶対の確信があった)」という台詞も、なんだか鳥肌もの。

「あなたとは1000通のメールを交わしたのに、心は1センチくらいしか縮まっていなかった」

などなど、綺麗な描写が多数。

最後は、なんだかふっきったような主人公とともにエンド。



惜しむべきところは、これが「短編」であること。

キャラクターの配置や思いの大きさから、1時間という長さで表現しきれるものではなかった気がする。表現力があるぶん、もっと見たいという気持ちが、悪い意味で募っていった。

ぶっちゃけ、映像で見ても良かったが、長編小説で読んでみたい気分。

泣けるかと聞かれれば、否。
これは泣かせる話じゃない。ゆっくりと落ちる桜の花弁を背景に、年老いた男性が自伝を語っているような、とてつもない「静寂」の作品。
心動かされるかといえばもちろん動かされるが、この話は静かに聞いて受け取るのが吉。



まあ、これで駒は揃いました。

灯月さんの企画に出す作品は、「死神のバラッド。」6巻・二話と、「秒速5センチメートル」のリスペクト作品でいこうかと。

やはり、恋愛ものにおいての「ノーマルエンド」というのは、実に何かこう、感慨深いというか、「どうしようもない人生の形」みたいなものを感じれて好きなんですよね。

そうあるべき展開、ではなく、「そうだった」という既に過去として過ぎ去ってしまった展開。

なんだか創作意欲が湧いてくる作品でした。ありがとう新海誠。化物語楽しみにしているよ。



■ほか

・明日卒業式
・雲魔物強い
・らっぷびとの「雪花火」は秒速に合いすぎ
・明日6時起き。マジ無理
・フィスト一ヶ月更新停止中
・ポケスペマジで面白い
・髪の毛切りたい

PR

おおー!


ども、こちらにはとんと御無沙汰しておりましたね。

おおー、マジですか。二つほど前に言いそびれていたのですが、マジですかっ!

もう、半分以上我が企画に参加してくださると思ってもよろしいのですよねっ!?

くはー、頑張りまする(敬礼

そうそう、以前『なろうでもどうやら、プロを目指している人を一応確認した』と書いたことがあったと思うのですが、それ実は例の「双色」さんたちのことなんですよね。
だから、企画の参加募集時には彼らのもとへ殴り込みに行くつもりです(笑
彼も参加してくれるといいのですけどねー。どうやら受験も終わったようですし(違ったかな?

――ていうか、今日ご卒業ですかっ!
わわっ、おめでとうございます><
なんとこさ、僕も進級できたので、もう僕も「残りあと一年かー」なんて思ってみたり。思えばなんか今日まであっという間だったなーと。

秒速5センチメートルがどうやらYouTubeにあったので、時間ができれば見てみたいなと思います。

ではでは、作業に戻ります(ビシッ
もうしばしお待ちください。上手くいけば今日中、最低でも明日には完成いたします。

  • 2009年03月16日月
  • 灯月公夜
  • 編集

秒速は

新海誠氏が自分で書いた小説を出してるので、そちらで映画では足りなかった部分を補ってたようです。惜しむらくはそれでも小説として短い点でしょうか。

立ち読みだったのでうろ覚えですが、小説ではあかりと再会したあと小屋らしき場所で夜を明かしたような。一泊しようとして結局帰ってたかもしれませんがそこら辺が曖昧。

おっしゃったように泣く作品ではなかった。男女の恋愛観の違いなんかが、あかりだけ結婚してしまうところに描写されてる気も。しかし影と反射の使い方が巧みすぎる。

にしてもシャフトに新海誠で化物語とか期待しかできない。

  • 2009年03月16日月
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL