忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

07.29.02:03

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.16.02:01

久しぶりに遊戯王やってきた

二時~九時くらいまで。

そして対戦相手のゴシカン氏は、明後日センター試験です。蜻蛉です。

なあに、危機感なんて感じることはないのさ。きっと君は、一般受験で受かる。多分。

というわけで、今日は遊戯王ネタ。わからない人は戻っても大丈夫。

そういうわけだったんですが、まあ、ネタVSネタと言えども負けた気がします。いえ、まだ自分のは未完成なんですが、それにしたってもう少し勝ててもいいと思ったぞ俺は!!

自分は以下を使用。
「非融合型1キルもけもけデッキ」
「十二枚ダイヤモンド」

ゴシカン氏。
「青眼ビート」
「ダークビート」


ダイヤモンドならまだ対抗できます。しかし、もけもけは無理でした。

やはり非融合式のせいなのか知りませんが、1キル素材が揃わない揃わないで。鬱になれと。
これから勝つためにデッキ構成考えなきゃならんです。金使いたくねー。

ちなみに以前にもデッキ乗せてましたが、大分変わったと思います。何せ崩してますので。

今、なんとなく残骸が残っているのを数えても、これくらい。

【非融合式1キル型もけもけ】
【十二枚ダイヤモンド】
【レベル1バニラ】
【N(ネオスペーシアン)ビート】
【ライトロード】
【マジシャントゥーン】
【デスガエル】
【リクル帝】

崩されたもの。

【ヴェノミナーガ】
【暗黒界の騎士ガイア】
【軍隊ピラニア1キル】
【侍BOX】
【VWXYZ】


こんだけネタばっか作ってるのも珍しいんじゃないんだろうか・・・・・・。

ちなみに俺の嫁こともけもけには、色々な型がありまして、自分で思いついたのだけ言っても、

【非融合式1キルもけもけ】
【融合式1キルもけもけ】
【リクル軸もけもけ】
【人海戦術式もけもけ】
【雲魔物混合もけもけ】
【ロック型もけもけ】
【スタンダードもけもけ】
【聖域型もけもけ】

6~7は確実にあるでしょうね。

大抵のもけもけは融合すると思うんですが、雲魔物混合と人海、そして非融合1キルは多分融合しないで、ゴリゴリ守っていくタイプ。破壊力は笑えます。

リクル軸を利用して、【もけ帝(てい)】を作ってみたい気持ちもあるんですが、どうにもただのガチになりそうなので。

ちなみに、スタンと雲魔物型以外は作れます。ただ、非融合式が一番ユメが詰まっていると僕は思います。

デルタアタッカーと自爆特攻と地獄の暴走召喚による、9000ダメはユメしかない。

勝率とかいやらしさ。

○勝率
8【非融合式1キル型もけもけ】
3【十二枚ダイヤモンド】
7【レベル1バニラ】
5【N(ネオスペーシアン)ビート】
2【ライトロード】
6【マジシャントゥーン】
4【デスガエル】
1【リクル帝】

○いやらしさ
6【非融合式1キル型もけもけ】
1【十二枚ダイヤモンド】
4【レベル1バニラ】
8【N(ネオスペーシアン)ビート】
2【ライトロード】
7【マジシャントゥーン】
3【デスガエル】
5【リクル帝】

ちなみに崩してしまった【侍BOX】は、【十二枚ダイヤモンド】に次ぐクソいやらしいデッキです。

今日もゴシカン氏に【十二枚ダイヤモンド】のクソみたいないやらしさを味合わせてきました。結構っていうか、かなり負けましたが、はまると素晴らしい。
いやらしいのは、


遊戯王界屈指の運ゲーデッキ。

侍BOXしかり、いやらしいというのは「運」によって左右されるからです。

十二枚ダイヤモンドは、以下の効果により戦うデッキ。

○D-HERO ダイヤモンドガイ 闇属性戦士族 攻:1400 守:1600 星4
効果:1ターンに一度、デッキの一番上をめくることが出来る。そのカードが通常魔法だった場合、そのカードを墓地に送る。墓地に送ったカードの効果を次のターンに使用することが出来る。通常魔法でなかった場合、めくったカードをデッキの一番下に送る。

○「おジャマデルタハリケーン」「死の合唱」「メガトン魔導キャノン」「漏電」 通常魔法
効果:以上のカードはすべて厳しい条件の下、「相手フィールド上を全壊させる」効果を持つ。

前者のカードで後者のカードを送れると、次のターンに相手フィールド上は全壊が確定する。そのため、相手プレイヤーはうかつにモンスターや伏せカードを出せない。

更にロック系のカードで攻撃を封じると完ぺき。

○鳳凰神の羽 通常魔法
効果:手札のカードを一枚墓地に送り発動する。墓地のカードを一枚選択し、デッキの一番上におく。

これにより、デッキの上を操作することも可能。

しかしこの十二枚ダイヤモンド、全壊効果を持つカードは手札に来ても何ら意味を成さないために、事故率がハンパじゃない。

何せ、遊戯王は普通、モンスター×20、魔法15、罠5辺りで構成するのが普通だが、
十二枚ダイヤモンドは、モンスター×7というジリ貧生活を強いられ、引くカードの4分の1は何の役にも立たない全壊カード。

これが究極の運ゲーといわれるゆえんである。



と、遊戯王ネタで書くと長くなりますね。いえまあ、一つの趣味みたいなもんなんで仕方ないです。

またなんか作ったら書きます。

レシピみてえ!なんて人いないでしょうけど、いたら※ください。書きます。やっほーい。

PR

遊戯王……か。

懐かしいなぁ……。やる相手がいないから、もうしてないけど、ダイダロスは強かったなあ。ネオも。
あ、あ、アトランティス!
ネタに走るほどカードが無いからひたすら無敗を貫いたら三対一くらいまでの戦いはした気もする。

  • 2009年01月17日土
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL