忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09.20.02:11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.09.01:55

リトバス感想

まず一言。

号泣だった。

ど、どういうことだこれは・・・。泣きレベルじゃクラナドをゆうに超えたぞ・・・。蜻蛉です。

リトバスはkeyの中でもうわさを聞かない作品ですが、もう殿堂入りでいいんじゃね?と思う俺。

テーマはなんだったのか分からないです。仲間なのか、それとも他の何かなのか。
しかし、それでいいんじゃないかと思います。超常現象もありました。でも、それでもいいんじゃないかと思います。

では、ルート感想はネタバレ含むかもしれないので、簡単にレビューを。

・クドルート・・・4点。

可愛けりゃなんでありじゃね?が感想。
多分今作一番微妙なルートだった。

・小毬ルート・・・6点。

悪くなかったが、「どこのことみルート?」が感想。
しかし、彼女のセリフと想いは非常にリトバスに影響するので、ある意味では深い。

・葉留佳ルート・・・5点。

ネタはベタだが、キャラの心情がとても表に出ていて良い。
だが、まとめかたに不満は残る。

・美魚ルート・・・4点。

超常現象とリアルの狭間。正直微妙。
中学生みたいな恋愛は良かった。が、以上。

・来々谷ルート・・・?点

意味不明の展開に脱帽。鈴ルートをやらねば理解不能。
とりあえずクーデレに乾杯としかいいようがない。

・鈴ルート(BADフラグ)から、トゥルーエンドまで・・・9点。

キャラの温かさに惚れるほか無い。

それ以外に何も言えないし、号泣したのを妹に見られた腹いせに9点。

これはきっとネタバレされても泣ける。それが、彼らの感情だからだ!!!(何

え?これ実はクラナド上回ったんじゃね?単純な見方すれば。って言えるほど感動した。


結論。

車輪>クラナド=リトバス>もしらば>フェイト

つーか良作こんくらいしかやってないのかー。もうちっと何かやりたいところだ。

ちなみに泣き度で言えば、

リトバス>車輪>もしらば>クラナド

ですね。フェイト?あれ泣けるの?

瞬間的ではあるけれど、俺の信者作品を超えたかもしれない。いや、泣けるという意味合いではね。ああいう温かな泣きはダメなんだ俺ww

だからこそ、ようぜんよ、「この青空に約束を」に期待するが良い。あれはその手のものだったはず。やってないから分からないが。


ちなみにキャラで言えば、

筋肉>健悟>恭介>来々谷>鈴>クド・・・以下略。

とにかく男軍勢は最強。

いいのかよ・・・こんなのがギャルゲーでいいのかよーーー!!

こんなのが18禁化していいのかよぉぉぉぉぉお!

くそったれがぁぁぁ!!満足しすぎて死にそうだぜ!!

こういう作品をやる度に思うわ。ギャルゲーって世界進出すべきだ。


・・・冷静になって寝ますわ。
PR

無題

えーと…
明けましておめでとうございますというより寒中見舞いですね(^_^;)

わからないけど熱いブログ、凄いです。

何はともあれ今年もよろしくですm(_ _)m

  • 2008年01月09日水
  • 風海
  • 編集

前回分

自分でも分かってるだろうが、今回はひどい…。
解釈がぶっちゃけ意味不明なのがある(清楚とか公式)うえ、今回は間違いなく敵対者の使い方を違反してる。
なら無理したストーリーはいいのかというとそれもなんだかおかしい。

印象としては、最初になにかしらのインスピレーションが沸いたが上手くいかず、なのにそのネタを捨て切れなかったせいでわけがわからなくなった、といった感じ。

蜻蛉風に言うなら、感想「評価以前の問題」。

上手く行かなかったら勿体ない思いも分かるが、一度初めから考え直してみるほうがいいぞ。

  • 2008年01月10日木
  • ガルド
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL