忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

07.26.21:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12.07.01:47

はいありがとー

くぁw背drftgyふじこlp;@:

お疲れさまです。蜻蛉です。

あー、なんだか色々とね、あったんで、恋愛小説は急激に変更することにしました。
まあしかし、ケータイ小説に喧嘩は売りに行くんで安心してください。これはもう止められないんで。


そういうわけでガルドさま。少し時間があったらスカイプしようか。少々相談したほうがきっと良いのが作れると信じる。


というわけで、頭にゆとりが出来てしまったんで「セルフ」の方の更新を急いでおります。

なんだかなんだかんだ言って一ヶ月以上放置してしまってるので、次の作品書くためにもさっさと仕上げたいと。一週間くらいで仕上がると良いんだけど、無理だろうなぁ。

とりあえず現在正直あんまし気分が良くないので終わります。

コメレス

>爺さん

戯言遣いか!しかし彼はあまりにも合わないだろww

世界に二人だけって設定は実は言うとファンタジーのほうでそうなってたりしました。流石に登場人物二人じゃ無理ですよww

違うっ!!俺が好きなのは阿bアッーー!!!

最近ダルビッシュってカッコよくね?とマジで思ってきた俺である。あの子強いしね。

>ガルド

改行はなんとでもなるんだけどねー、表現がねー。まあ、童話で色々やってきたから、その成果を出そうと思う。

完全フィクションにしますwwだから相談に乗ってくれww

・・・・俺は果汁100しか飲まんぞ。


ちょwww風呂入ったらめがねなくしたww

ミクは明日に持ち越しますww


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL