忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

05.24.18:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09.29.21:46

ねみーけど本気だす!

色の表現として、無色透明を虚無とし、黒を混沌だとするならば、白は果たして何なのか。黒は色を混ぜることによってできる色であるが、白は何を混ぜても完成せず、かと言って原色と呼ぶには相応しくない。ならばこそ、白という色は『例外』こそが正しい表現である。

          by灰田純一

なげぇよなんて文句は受け付けません。蜻蛉です。

ちなみに「白」が「光」なんていうことは受け付けません。

なら原始はなんなんだよと聞かれると、「無色透明」ですよ。虚無は始まりでありオワリである。カッコいいですね。

灰田君シリーズ名言みたいなのをいっぱい作っておこうかとという感じですね。


ところでメルブラのゲーセンコントローラーで練習してましたが、
手の甲が粉砕しますねあれ。

こうしてブログ書いてても痛いんですよおいこら。


明日くらいにまた更新できるように頑張りますよ、セルフディストラクション。

それと地味に風邪で家が死に掛けているので、ご注意します。お注射します。


おっし!眠いから本気出せない!寝る!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL