忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.20.20:42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.07.23:16

うわぁぁぁ

うわぁぁぁぁぁ(゚Д゚

眠さの極地。死ねる。蜻蛉です。

一応プロット作ってるんですが、今日中に上げられそうに無いので、明日の夕方らへんに上げたいと思います。時間がNEEEE!!

つーかね、大乱闘やってたせいで頭がショートしてるんだ俺ww
遊戯王やってる時もそうだが、ゲームやると脳内がダメになるw

明日の夕方に一つ、夜中に一つ上げます。もしかしたら、一個の記事に二つやるかもしれませんが、面倒な方はスルーしていいです。どうせ最後に書きますし。

そういうわけで執筆状況も進んでません。

つか簡易更新します。

くそったれぇぇぇぇ!!体力無さすぎだ俺ぇぇぇぇ!!

コメレス。

>ガルド
どうなんだろうな、その辺は。敵対者が「敵」かどうかという問題だと思う。

例えば状況に対する敵がいたとして、それが抽象的な何かであるならば、次回に関ってきても構わないと思う。が、今回は「人」ということなのだが、結果としてその「敵」が「公式」になりえるのも有り得ない話ではない。
というよりも今回は「慈愛」が敵だったために、悪とはいかないだろう。ゆえに敵だと決め付けられるかといえばそうではないような気がする・・・と言い訳。

>爺さん

実際良くあります。俺も鋼殻のレギオスは3巻くらい溜めてるんでww

そうですね。呆気ない終わり方ではあったかもしれませんね。
事実、ホームレスはテーマ上「ヒロインに何かを得て欲しかった」からホームレスとしてついていったわけなんですが、まあプロット段階で伝えるのは無理が・・・なんて言い訳はしませんよ。
とは言え、ここからまた発展させてしまうと、呆気なさは無くなっても展開上苦しいものが出てきそうなのでなんともいえないところですが。

>なかたくさん

どうもです。

実際は、自分が読んでいた作品から少しだけ参考にさせてもらった部分はありますがね。
「ゴミ」と思いついた瞬間のインスピレーションの勝利でしょうか。

今回は少し遅れますが、次回もよろしくお願いします。


大丈夫だ!明日絶対やるから!!

・・・子どもか俺?w
PR

レスレス

違うな。
例えば【敵対:友情】としよう。相手は主人公のことを思い主人公の行為を止める。しかし主人公が目的を達するためにはそれが邪魔になる。…この行為が例えば犯罪だったとしよう。この場合【友情】は紛れも無く友情であり、友情であるがゆえに敵対しえる。俺の解釈の「ヤンデレ」も似たようなものだ。
故にこんな感じにプラスニュアンスでもダイレクトに敵対することはありえる。問題なのは立場上敵対している相手に『なんの変化もないまま』お世話になる、という状態はルール違反といわれても仕方がないのでは?

  • 2008年01月08日火
  • ガルド
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL