忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11.22.20:03

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.08.01:28

いやぁぁぁぁぁぁ!!

ネタがない(ぇ

昨日のは伏線だったんだぜ!蜻蛉です。


とは言え、マジでネタが無いわけではないのが痛いところ。

とりあえずセルフ・ディストラクション15部は予告通り更新いたしました。

人が死んだこと。人が殺されたこと。人を殺したこと。人が殺されそうになっていること。どれにも興味が無い。
孤高の場所には孤独の存在と孤立が必要であり、最も相応しい。ならば、その場に合う人物は誰か。
崩壊する持論、自我、自己、自分。
現れたのはいつもの彼だった。

「君の名前を、聞かせてくれないか」

『存在の暴力(セルフディストラクション)』が、今始まる。

14、自己崩壊


うほーーー!!名言キターーーー!!とか自分で言ってると痛いですよね。

いつだってカオス。空気の読めない灰田純一君です。

ぶっちゃけ言ってしまえば、前編終わりみたいなもんです。駒は出尽くしました。
あとは各キャラクターのストーリーと、それによって少しずつおかしくなる主人公の話。

うほーーーー!!後半は怒涛だぜーーーー!!とか宣伝してると痛いですよね。


という感じで、第二部が始まるということなので、僕こと蜻蛉は少し大袈裟に話を纏めてみることにしました。
や、今日じゃありませんよ。後日ね、後日。次回の更新で第一部最後だから。


さてさて、とりあえず久しぶりに評価依頼がきたんで、奮闘しようかと思います。

なんか海賊ものらしいんですがね、やたらと英語を使った意図はどこにあるのかと小一時間(ry
こう、ぱっと見で、文章評価2決定してますが、屈せず頑張ろうかと。

物凄い中二な雰囲気が・・・。

なーんてグダグダ言ってねぇで読めと!

の前にウィザ読まないとガルドさんに殺されますので、そちらを先に・・・。

やっべ、やる気でねぇ。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL