忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.20.20:36

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06.29.23:26

67話更新

ある閉鎖空間の中で繰り広げられるシリアス&ミステリックファンタジー。
67 異変(3)を更新!!

脱出は完了した。情報課の部屋に集まった全員は、信一から事件の真相を聞く。狐の仕掛け、オベリスクの本当の意味合いは。
―――
「――準は、準はどうなるんだよ……?」
口内が激しく乾くのが分かった。それには信一も目を無慈悲に点にして、虚空を意味も無く見つめる所在となった。


文字数少ないっす。

ぶっちゃけこの話必要か悩みました。

次話予告。
追憶。白鳥準がいかにして春樹たちの仲間になったのか・・・。


やっとこさ準の話ですね。まぁ、大分もう話してしまいましたが。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL