忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

05.28.09:55

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.18.22:36

32話った

ある閉鎖空間の中で繰り広げられるシリアス&ミステリック・コメディファンタジー。
32、「は、犯罪ですよねそれ」な理科室を更新。

side信一。準と由真と合流した信一はダムン・デルファ捜索のため学園の理科室を訪れる。そのなかで聞いた言葉とは・・・。
―――
もう一度辺りをきょろきょろと見回してから、ばつが悪そうに一言。
「は、犯罪ですねそれ」
「・・・・・・」


お久しぶり・・・かな?

実際6日程度です。蜻蛉です。


とは言え、準のストーリ(クソ)を書いていたものですから、実質的には3日くらいとなりますです。

ついにside信一になりましたーと言っても何ら変わりはありませんがねー。

ここで新たな固有名詞がまた一つ登場します。まぁ説明はまたのちほどに。
この3rdエリア編は大体この固有名詞がキーとなっています。ってか、物語の全般に大きく関わってきます。

2ndエリア編に登場した、ミリア、カイツ、アイズやアイツァーも忘れてはなりません。

再度言いますが、

全キャラが物語に関わります。
誰一人無駄にはなりませんのでご注意を。

実際金剛地兄妹の登場回数微妙じゃないか?とお思いのかたもいますでしょうし、アイズの存在が分からないかたもいますと思いますが、

関わりますので忘れないで下さい。

まぁ、読んでる人間がいたらの話ですが。


学校が忙しいわけでもありませんが、結構進むのが遅いです。

妥協を(ぇ
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL