忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11.22.20:05

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.16.23:43

空の境界・読了

ふむ、眼が痛い(何


さてと、まず言おうか。

奈須きのこ、あなたは凄い。

よしw
いやはや、奈須さんの文章能力はもはやライトノベルとして認めないw
語彙の強さ、物語の構成、知識力の高さ、独自の世界観。

もうあなた、軽く真理に迫ってるよきっと。

この独自の世界観からなるローファンタジーの世界で、あれだけの論理と結論を並べられれば、もはや学会で説明できそうw
なんていうか、サスペンスってか推理的なものなんだろうね。伝奇ノベルらしいけど。
つぅか最後のあれはなんだww
あとがき書いてる奴も解釈がすごすぎるってw
お前ら天才ですか?って言いたくなる、うん。


なんていうかな、現代小説ではこの現代にあるだけの知識と論理を使って物語を組み立てていくわけなんだが、ファンタジーはそれとはわけが違う。
それもローファンタジーっていうと、舞台としては現代小説とはなんら変わりは無く、ただファンタジー要素が組み込まれただけの現代小説として解釈可能なものだと思う。
つまり、知識的には現代小説よりも少なくとも1.5倍無いし、2倍くらいは必要なのだ。

世界設定の中に、自ら論理を作り出し、そこに矛盾や間違い、正しい結論を並べていく。
そこに介入する現代知識と、混合の知識。
空の境界は、主に医学的知識の使用が多かったと思う。
そしてそれを利用して、物語を組み立てる。

もはや最強だね。


物語は全部で6編に分かれており、2編と6編が主な始動と完結になっており、他はそれに付け加える
ような話である。

1、俯瞰風景

2、殺人考察(前)

3、痛覚残留

4、伽藍の洞

5、矛盾螺旋

6、忘却録音

7、殺人考察(後)


なんか目次見ただけでもすげぇ難しそうだよねw
まぁ映画化もされるみたいなので、∑( ̄□ ̄;)ときた方は、読んでみるといいです

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL