忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.21.05:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.24.20:05

東野圭吾・天空の蜂

10時間の心理戦―――


ということで、あのクソ分厚い本読みました。


物語の始動は、史上初、電波で動くヘリコプターを試行運転させようとしたところ、ある一人の男によってそれが遠隔操作され、『原子力発電所』の真上で停止した・・・という感じ。

そのヘリに一人の子供が間違って乗り込んでおり、それを救出するなら原発を停止しろという犯人の人質交換。

犯人の本当の意図とは・・・・・・。



展開は大体読めてしまいましたよね、あれ。

犯人が誰かなのかは、途中で明かしていましたし、その意図も大体分かっていました。
天空の蜂、という表現も何を現すのか分かったんですけど、
正直微妙じゃない?って感想。

まぁ特にお勧めしません(オイ



んでアイズの進行状況。本来ならば明日が三日目だと思うのですが、短編書いたおかげで若干疲れ気味。
ということで、妥協して明後日でお願いします;;
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL