忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.18.20:01

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02.22.19:52

き、キタコレラ!?

小説がはかどったーーー!!

というのが今現在の心境でありますこと僕蜻蛉です。

しかし、キタコレラなのは小説の話でもありますがもっと重要なことが。
花粉症キタコレラーーー!!

マジきました。
さっきからくしゃみが止まりませんですよ。
いえ、恐らく花粉症ではなくアレルギーのほうだと思いますけどね。

ハウスダストですよ、うん。いえ、俺の部屋が汚かったわけじゃなくて、友人宅で発症。
まぁあそこ友人曰く2年ほど掃除してない場所だったらしいので、当然と言えば当然の結果ですね
しかしながら鼻水はヤバイし、鼻づまりヤバイし、なんか鼻血まで出てくるし。
何で鼻血だよねw
毛細血管弱いんで、鼻をすすってるだけで死んでます。あぁ乾杯。


まぁ何にせよ、今日は久しぶりに小説がはかどりましたね。
昨日更新したにも関わらず今日2話仕上げ・・・られるかなー?ってとこまできましたが、恐らく無理。
BG書いてた頃は毎日更新できてたんだだけどねーー。


あとはそうだ、あのうちの家宝であるピカチュウ殿の耳を裁縫しようとしたんですが・・・指いた∑( ̄□ ̄;)
なんていうベタな展開に持ち込まれ挫折。
耳のあたりの糸が解れてきてるので、縫おうかと考えていたのですがね。
いや、結構何度も縫ってるんですよ?男の俺にだってそれくらいは出来るわ!!
まぁ家宝がそんな状況なので、一度綺麗にしようかと洗剤湯の中にぶち込む予定。
修羅場乗り越えてきたピカチュウなので、そこらそんじょのピカチュウとは一緒にしないでくださいな。

CA330001.JPG横写しになっていますが、一応通称『魂の宿るピカチュウ』

白くなっているのは修羅場を乗り越えた傷痕。

彼に勝るもの無し。

幾多の戦場を超え不敗。

彼の身体は、無限の剣で出来ていた・・・。


耳縫うか。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL