忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09.20.02:10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.12.15:29

車輪第3章終了

なんとかハッピーエンドで終わらせたが・・・


泣ける!!!!


親子の絆すげぇぇぇぇ!?
かなり家庭でごだごだがありましたが、なんとか仲直りしてました。
もうあれだ、死ね(ぇ


二つの家庭の中で揺れる灯花は、どちらも幸せになれる選択肢を探し、考え、そして選ばなかった。
親権は本当の家庭にゆずるが、自分の居場所はここだと残ったのだ。
義理の母のほうも、愛してやまない娘を歪んだ目で見つめていたが、最後に娘の優しさに屈した。
義務は解消され、幸せな時が来るであろうが、主人公にはまだ仕事があるのだ。


「恋愛できない義務」
言ってしまえば、男女交友が許されないこと。
しかもそのヒロイン、日向夏咲は主人公の幼馴染である。だが、向こうはこちらのことを知らない。
昔とうってかわって、元気な子から物静か、いや、過剰なまでに引きこもってしまっている日向をどう救い出すのかが見もの。
事実まず、手を触れることさえ許されない義務であるから、難しい。

さて、やろうかね。。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL