忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.20.02:57

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.25.13:28

カッコいいで泣けるものだ

カッコいいで泣くというのは人生初めてだ。


http://stage6.divx.com/members/64273/videos/2091#

全画面表示でお楽しみください。

ちなみにそのサイトからプレイヤーをダウンロードしなければ見れませんのでご注意を。
画質が最強なので、泣けてきます。

原作である「月姫」と「Fate/stay night」はバーナーにあるFateのところから飛んで、TYPE-MOONへいらっさーいです。
ちなみに原作は非常に残念ながらギャルゲーですが、そう思ってはいけません。

このムービーを見て、これをギャルゲーだと判断できる人間などいやしませんから。

というかカッコよすぎます。
女性キャラとか死んでもいいです。男性キャラだけでいいかと(ぇ

まぁ奈須ワールドの話しなので、もはやそういった感じなのは当然ですが。


読めない人のための、動画の中の文字。

「お前は衛宮切嗣だ。それで勝てないはずがない―――」

「5th HEAVEN's FEEL Error」

「聖杯戦争は終わった。戦いは勝者を生むことなく、誰の願いも、叶うことなく」

「program No6  Error」

「―――白い夏に雪が降る」

「If crazy dream」

「再び這い寄る亡者達。有り得ないはずの来訪者」

「交錯する悪夢の中、再び舞台の幕は上がる―――」

「・・・二十六。それだけ弾き飛ばしても質が落ちないとは。ただの投影では・・・」

「そういえばエミヤさん、和食がお得意なんですよね?少し手伝ってください・・・」

「―――愚かな。あなたの行動・・・」

「駄目・・・。身体が・・・弾けて・・・!」

「罪の清算を」

「夢か、現実か」

「―――たとえ道化と蔑まれても」 「The act of the farce goes up again. It is atonement for thire sins」

「その眼の意味は」

「身体は剣で」

「この身は既に、剣なのだから」 「The act of the farce goes up again. It is atonement for thire sins」

「わたしをどうにかしたいんなら、生まれ変わって出直すことね」

「屋敷の使用人としてなら、雇ってあげてもよくてよ?」

「悪を定めねば生きられぬが咎と知れ」

「貴方の罪は、貴方の命で調停します」

「その間違いに気付いたところで、私は間違いを正せない」

「出口などない。ここが貴様の終焉だ」

「さぁ・・・殺しあおう」

「なに、同類相哀れむというヤツだ」

「―――答えを見たからだよ―――」

「この、変えようの無い終わりというものに・・・」

「何をしようと救いなど無い」

「ただ必死に、定するために走り続け」

「yet, those hands will never hold anything.」

「―――投影、開始(トレース・オン)」

「―――投影、装填(トリガー・オフ)」

「全工程投影完了(セット)」

「是、射殺す百頭(ナインライブズ・ブレイドワークス)」

「私、シロウを信じてるもの・・・」 「バイバイ」

「出会いと再開」 「RESTART」

「剣を名乗る」 「Sin, She is guilty?」

「懐古とてすでに罰」 「FORGET US NOT」

「何時、何処で、何を間違えたのか」

「侵食する影」

「紡がれる最悪のシナリオ」

「いつか必ず。あの場所にたどり着く」

「大切な人を切り捨てて、多くの人を傷つけて。何もかも失って、みんなにきらわれることになったとしても」

「それでも。」


もはや文字だけ見てもかっこいいですね。

The act of the farce goes up again. It is atonement for thire sins→道化芝居の幕は再び上がる。それはこれらの罪に対する償いだ。

yet, those hands will never hold anything.→それでも、それらの手は何も掴むことが出来ない。

Sin, She is guilty→罪、彼女は有罪なのか?

FORGET UA NOT→私たちを忘れるために


と英語はなっておりますです。
もはや英語もカッコいいですね。死んでしまいそうです。

そして一番カッコいいのはこれだ。

「―――投影、開始(トレース・オン)」

「―――投影、装填(トリガー・オフ)」

「全工程投影完了(セット)」

「是、射殺す百頭(ナインライブズ・ブレイドワークス)」

もうなんか文字だけでも死にそうだが、シロウが・・・∑( ̄□ ̄;)
これが素人の作ったMADムービーだってんだから驚き。
いや、きっとプロが作ってるんだろうけど、それでも悲惨。

ちなみにブログの最初の言葉とか、たまにここから使ってますw

「懐古とてすでに罰」とかね。まぁゴシオ君の超お気に入りの言葉らしいので。

では。



最近忘れてたクリック詐欺→人気ブログランキング 人気ブログランキン
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL