忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.12.04:15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12.10.17:35

読み返すと分かること

あれだよねー。自分の書いた小説あとから読み直すと、なんじゃこりゃ∑( ̄□ ̄;)ってほど稚拙なのが分かる・・・・・・w

プロローグとか酷かったw「~~する」「~~だ」の連続で、描写もなにも無かったよこれw
いやはや、進化してませんねー。
小説の文の綺麗さってのは、いかに描写を使うかによると思うんだよねー。それが、俺の場合あの現状。
説明的文章になってることは承知してるんだけど、どうにも直らないのが現実w

さらには語彙が少ないのも問題点。使い回しってか、言葉の種類があまりに少ないような気がするんだよね。
これはダメだーーーw

まぁしかし、とりあえず完結はさせようかと思うわけだ。後に読み返して教訓にできるかもしれないからな。
文がダメなら物語で勝負だ!ってことだけど、実際どうだか・・・。

あーぁ、厳しいなぁ。
とりあえず次の作品の構想練りながら、完結に向かって頑張りたいと思いますよ。うん。1作品目なんてそんなもんだよねー。え?違うって?そりゃ困ったw

どうして駄文になるのかねー。誰か教えてw

 

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL