忍者ブログ

鏡に写る我が醜貌 ver.0.11

深海の底では骸骨が嘲笑って、天上の月では兎が餅をついていた――――by蜻蛉
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

07.29.02:04

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02.06.11:46

わっほーい

空腹絶倒(何

抱腹絶倒とも言います。蜻蛉です。

昼です。飯がありません。おなかがすきました。おやがいません。めしがつくれません。しにます。


とまあどうでもいいとして、二月四日に発売された「らっぷびと」のデビューシングル「All Day,All Night」を買ってきました。




しかしネット発で出て、この速さでメジャーデビューするっていうのはおぞましいですね。

ニコニコ動画にはさまざまな歌い手が存在しますが、やはり「プロ」になれるレベルと考えるとだいぶ厳しいものがあると思います。ネタに走る歌手だろうが、ガチ歌う歌手だろうが、プロとは何か違うな、と思うところが多々。

そもそも歌の上手さのレベルで考えて「カラオケで上手いレベル」と「プロレベル」というのは分かり易いようで大分境界線が小さい気がします。

たとえばビブラートが上手く出来るだとか、たとえば音域が凄く広いだとか、ラップで言えばフロウに特徴があるだとかリリックのセンスがいいだとか。

しかしこのどれもが満たされていても「カラオケレベルなんじゃね」とか思う歌手もいるわけで。

あとはニコニコ動画だからこそですが、二番煎じといいますか、歌手のトレースなどが多いために新鮮味が足りない、などなど。


そも、「歌ってみた」ではプロになれない。これは間違いないことだと思います。
なぜかって「他者の曲を歌うだけ」なので、そこにクリエイター魂が存在するのかがあまりに疑問すぎるからです。

その点、これはファン精神の驕りかもしれませんが、「らっぷびと」は初めっからクリエイターだった気がします。
何せ「さよなら絶望先生OPをらっぷしてみた」と名付けても、
内容は原曲レイプとも言える変わりよう。

いえ、絶望先生はまだましです。ハルヒ関連ともなれば、もはや原曲の残り香もないくらい。

しかし、原作のイメージを残しつつ、歌詞を書き、歌う。実力もあったためか、やはりこいつは「プロ」だな、と。


冷静になってみれば「らっぷびと」との出会いは衝撃的ともいえますね。

何せそのころライムスやらギドラやらリップスとか「聞き始めた」頃で、そこでニコ動でらっぷですから。こいつKAKKEEEEEEEEEEEEEEEE!!って感じでした。

そしてそのあと栄えた「ニコラップ」を見れば、もうらっぷびとがいかに凄い人物かが・・・。

そういうわけで、今回は超身内ネタ。

らっぷびとの持っている楽曲に、個人的なランキングTOP10をつけてみた。
ちなみに持っているらっぷびとの楽曲は51曲です。
多っ!!

え?51曲って、BUMPのカルマのCDまでのボーナストラック含まない数と一緒なんだけど。
らっぷびと出てきてまだ二年経ったか経ってないかなんだけど。たってねえよ。

まあいいや。


10位「when they cry」

初期の頃の言わずと知れた衝撃作品。
ひぐらしのなく頃にをリスぺクトした歌詞は必見。

9位「ぬくぬくてぃーかっぷ Track by DJ国木田」

ぬくもりてぃーかっぷ→DJ国木田リミックス→リミックストラックを使ったらっぷびとの再録。
相変わらずメロディーラインに定評のあるぷびと。非常にゆるやかな曲。

8位「All Day, All Night」

メジャー曲。
曲調は普通だが、なにせ歌詞がいい。

7位「素晴らしき絶望」

日本語ラップ、HIPHOPと呼ぶに相応しい一曲。
こういうアンダーグラウンドな感じもスキデス。

6位「ヤミツキ feat. RIPPER, KOU, かえで公, 杉本選手, molto vivace」

7人のリレーラップ。歌詞とかどうでもいい。かっこいい。
ねっとでびーふとかわらすなにーちゃん!

5位「自己紹介」

スーパーラップロードDXボーナストラック。
曲名の通り、自己紹介。しかし、むっちゃ耳に気持ちいい。BOMBのトラックがすげえ。

4位「踏んどけ!らぷれたー」

ニコラップ発祥の地。enjuへのアンサーソング。
らっぷびとがラッパーだと思い知った瞬間。
ちなみに俺がリアルでよく言う「以上、忘れ物はなし」は、この曲の歌詞。

3位「土砂降りに降る流れ星」

ニコニコ動画限定公開の曲。オフビートってわけじゃないけれど、リズムが難しい。
曰く「自己批判」っぽい内容らしい。monoghのトラックかっこいい。

2位「yume nano <kisekidaaaa!! rimix>」

yume nanoのセルフリミックス。アイドル系のトラックに合わせたら凄く合っちゃったので、奇跡だあああ!!らしい。
なぜかメデイアプレイヤー再生数一位。

1位「basic stance feat, illbell, タイツォン」

神。


順位つけずれええええええええ!!!

え、好きな歌手にランキングつけるのって無謀すぎじゃね?


強いて言うなら、3月のアルバムが楽しみです。


■え?終わり?

なんと、ぷびとの記事で今日のブログは終わりです。






PR

無題

素晴らしき絶望七位が意外。一位なのかと思ってた。


べーしっくすたんすっ!!

  • 2009年02月06日金
  • ガルド
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL